都立高校推薦入試の大変さ

以前にこういうツイートをしたところ反応が結構あったので、もう少し詳しく書きます。

 

都立高校の推薦入試ですが、一般入試に比べて難易度が大変高いことが知られています。

 

では、どれくらい大変かということを、豊多摩高校を例にして考えてみたいと思います。

 

推薦入試の場合、学校の調査書点、いわゆる内申点の割合がとても大きくなります。それゆえ、実力(学力テストや模擬試験の点数)に比べて、成績表の評価が低いとただでさえ難しい推薦入試がとんでもなく難しくなります。

 

これが最初のツイートで偏差値60で5教科オール3、実技4教科オール4の場合です。

 

豊多摩高校 の 一般入試 の60%合格ラインは、偏差値58換算内申52です。この場合の換算内申52というのは単純にオール4ということです。

 

これが、偏差値が60あれば換算内申46でも大丈夫になります。46というのは実技がオール4であれば5教科はオール3以下でもとれる内申点です。

 

つまり、5教科オール3、実技教科オール4で偏差値60の生徒は一般入試で豊多摩高校に受かる可能性が十分ありますが、これが推薦入試になればどの程度の高校になるか見てみましょう。

 

たとえば、ツイートで見た芦花高校の場合、この素内申31では相当困難です。推薦入試にこの素内申点で受かる見込みがある程度あるのは、松原高校や杉並総合高校ということになります。

 

こうやって見ると一般入試に比べて推薦入試がどれだけ困難であるかがよくわかるでしょう。

 

これはもちろん、偏差値に比べて成績表の点数が悪い人の場合ですが、成績表の点数がかなりよくても、推薦入試が狭き門であることは間違いありません。

 

続きを読む

三角形の内角の和は180°

三角形の内角の和が180度を小学生に示すのに角をばらばらにして合わせて示していませんか?

 

 

しかし、そんなことはする必要がありません。△ABC(B,Cは鋭角)を考えてみてください。

 

 

AB,BCの中点をMNとしてMNを折り線としてAを折り返すと、辺BC上に来ます。その点をLとします。

 

 

すると、BもCもLにぴったり重なるように折り返すことができ、なんと∠A∠B∠Cはぴったり合わさり180度ということも分かります。

 

 

理由も小学生に分かりやすく、MBLとNCLがそれぞれ二等辺三角形だということを使えます。

 

 

何より、この三角形を折り返した図形がきれいな長方形になることで、数学のおもしろさを伝えることができます。

 

 

もちろん、この長方形の面積はもとの三角形の半分になっていますね。これを小学生に証明(説明)させてもおもしろいでしょう。

 

 

このようにいつもの説明に一工夫するだけで、数学が魅力的に見えるかもしれません。

 

因数分解の秘密

中学校で習う因数分解。あれって不思議ですよね。6を2×3の形にするのが素因数分解。文字式なら、cをa×bにするのかと思いきや、なぜかいきなり(x+a)や(a+b)という足し算の形が出てくる。式をかけ算の形にしようといいながらなぜ足し算が出てくるのか?

 

そもそも、なぜかけ算の形にするかと言われたら、それは因数分解の次にする、2次方程式や2次関数まで進まないとそのありがたみも分からないのだけど。それはおいといて。

 

因数分解で最初にするのは、共通因数でくくること、たとえば、ab+acをa(b+c)と書き直すことができる。でも、それとx^2+2x+1を(x+1)^2にするのは何か違うことをやっているような気がしませんか?(^2は2乗の記号)

 

a(b+c)も(x+1)^2も確かにかけ算の形にはなっている。でも、最初のはすべての項に共通な因数をくくりだしているのだからかけ算の形になるのは当然。でも、二番目のは公式を使っていると分かっていても、すべての項に共通な因数がないのになぜかけ算の形にできるのでしょうか?

 

ここでac+ad+bc+cdを公式を使わないで因数分解するときのことを考えてみましょう。まずは、aの付いている項をくくってa(c+d)+bc+cdとなり、さらに、残りの項をcでくくればa(c+d)+b(c+d)になります。

 

全体をさらに(c+d)でくくって(a+b)(c+d)になります。

 

大事なのは最後のところです。全体を(c+d)でくくれるとは、aもbも(c+d)を共通因数に持つということなのです。さらに同じように考えるとcもdも実は(a+b)を共通因数に持っているということだったのです。

 

つまり、ab+acの場合には、bやcという個々の文字が共通因数を持っていたのに対して、(x+1)^2や(a+b)(c+d)の場合にはx+1やa+bが共通因数を持っていると考えられるのです。

 

以上のことから最初の問いであった因数分解で足し算の因数が出てくる理由も分かります。二つが同列に出てくるのは気持ち悪いかもしれませんが、本当は数を表しているので、一文字の因数と同じことなのです。たとえば、4も2+2も数学的には同じ数を表していますよね。これと同じことなんですね。

 

 

 

 

二桁でわるわり算の壁

わり算の筆算でつまずく生徒が意外に多いって知っていますか。

しかも一桁で割る方はできても、二桁で割る方ができないのです。

わり算の筆算って大人になったらそれほど使わないので忘れているかもしれませんが、その計算の中で何度もかけ算のひっさんが出てくるのです。

 

たとえば、625÷25をするときは、まず商の十の位に2をたてて、25×2を計算して50、それを62から引いて・・・というように各位に商を立てるたびにかけ算をしなくてはなりません。

 

  _______ 

25)625

 

   50

 

しかも、商を立てるときに割られる数を超えないように大体の見通しを立てるのですが、ここは大まかなかけ算を暗算でするという能力も必要になります。さらには、この見通しが、暗算がそこそこできる人でもまちがっていることがあるので、そうするともう一度かけ算をしなくてはなりません。

 

というように、慣れれば単純に見えるわり算の中で、生徒はかけ算の暗算と筆算が何度もしなくてはならなのです。これは、計算が苦手な生徒からしたら地獄です。

 

言い換えれば、二桁で割るわり算の筆算ができるようになるためには、二桁×一桁がすらすらとできていないいけないのです。わり算の筆算ができない子どもがいる場合、この点に気をつけてください。

 

子どもの発達段階の視点から見ると、二桁×一桁のかけ算が十分できるようになったら、二桁ので割るわり算の筆算に取りかかれるかなと考えてください。それができる前に取りかかっても、無駄に時間と労力を浪費しますし、子どもが勉強嫌いになるのは確実です。

 

 

0 コメント

英検ライティングの対策

・英検リーディングとライティングの違い

 

英検の申し込みも締め切られ、そろそろ6月の英検の準備を本格的に始めている人も多いのではないでしょうか。

 

何となく勉強を始めて5級、4級と順調に進んできた方も、3級以上で出てくるライティングに不安を覚えている人も多いのではないでしょうか。

 

でも、恐れる必要はありません。英検の問題集や過去問に出てくる答えを見れば分かりますが、とっても簡単な英語で書かれています。

 

3級のリーディングで合格点が取れる人であれば、ライティングに出てくる単語や文法で知らないものはほとんどないのではないでしょうか。これは、準2級以上でも同じです。

 

つまり、英検3級のリーディングとライティングで必要とされる、単語や文法はまったく異なるのです。

 

 

・英検ライティングの勉強法

 

では、リーディングができればライティングができるかというと、もちろん、そんなことはありません。

 

インプットで使える単語や文法でも、アウトプットで使えるとは限らないからです。

 

それでは、ライティングの勉強はどのようにすればいいのでしょうか。それは、

 

一つ下の級の単語や文法を完璧にすること

 

 

 

なのです!

 

たとえば、英検4級に受かるためには、4級の英単語を見てそれを日本語に訳せれば受かります。日本語を英語にする必要はありません。しかも、英検では80点90点という高得点をとる必要はないので、4級の英単語集の7割ぐらい覚えておけば、十分受かる可能性があるのです。

 

でも、その調子で3級以上に挑んでも、4級の英単語集で、日本語から英語に、しかもほぼ完璧にできるようになっていないとライティングはつらいです。

 

これが、3級以上のライティングで受験生がおかしがちな間違いです。4級までと同じように3級の単語集をなんとなくこなしているだけではだめなのです。

 

そうではなくて、3級なら4級、準2級なら3級の単語集の、特に日本語から英語への変換がすらすらできることが必要なのです。文法や構文の勉強でも同じです。

 

これが、英検ライティングの勉強の秘訣です!

都立高校推薦入試の大変さ

以前にこういうツイートをしたところ反応が結構あったので、もう少し詳しく書きます。

 

都立高校の推薦入試ですが、一般入試に比べて難易度が大変高いことが知られています。

 

では、どれくらい大変かということを、豊多摩高校を例にして考えてみたいと思います。

 

推薦入試の場合、学校の調査書点、いわゆる内申点の割合がとても大きくなります。それゆえ、実力(学力テストや模擬試験の点数)に比べて、成績表の評価が低いとただでさえ難しい推薦入試がとんでもなく難しくなります。

 

これが最初のツイートで偏差値60で5教科オール3、実技4教科オール4の場合です。

 

豊多摩高校 の 一般入試 の60%合格ラインは、偏差値58換算内申52です。この場合の換算内申52というのは単純にオール4ということです。

 

これが、偏差値が60あれば換算内申46でも大丈夫になります。46というのは実技がオール4であれば5教科はオール3以下でもとれる内申点です。

 

つまり、5教科オール3、実技教科オール4で偏差値60の生徒は一般入試で豊多摩高校に受かる可能性が十分ありますが、これが推薦入試になればどの程度の高校になるか見てみましょう。

 

たとえば、ツイートで見た芦花高校の場合、この素内申31では相当困難です。推薦入試にこの素内申点で受かる見込みがある程度あるのは、松原高校や杉並総合高校ということになります。

 

こうやって見ると一般入試に比べて推薦入試がどれだけ困難であるかがよくわかるでしょう。

 

これはもちろん、偏差値に比べて成績表の点数が悪い人の場合ですが、成績表の点数がかなりよくても、推薦入試が狭き門であることは間違いありません。

 

続きを読む

三角形の内角の和は180°

三角形の内角の和が180度を小学生に示すのに角をばらばらにして合わせて示していませんか?

 

 

しかし、そんなことはする必要がありません。△ABC(B,Cは鋭角)を考えてみてください。

 

 

AB,BCの中点をMNとしてMNを折り線としてAを折り返すと、辺BC上に来ます。その点をLとします。

 

 

すると、BもCもLにぴったり重なるように折り返すことができ、なんと∠A∠B∠Cはぴったり合わさり180度ということも分かります。

 

 

理由も小学生に分かりやすく、MBLとNCLがそれぞれ二等辺三角形だということを使えます。

 

 

何より、この三角形を折り返した図形がきれいな長方形になることで、数学のおもしろさを伝えることができます。

 

 

もちろん、この長方形の面積はもとの三角形の半分になっていますね。これを小学生に証明(説明)させてもおもしろいでしょう。

 

 

このようにいつもの説明に一工夫するだけで、数学が魅力的に見えるかもしれません。

 

因数分解の秘密

中学校で習う因数分解。あれって不思議ですよね。6を2×3の形にするのが素因数分解。文字式なら、cをa×bにするのかと思いきや、なぜかいきなり(x+a)や(a+b)という足し算の形が出てくる。式をかけ算の形にしようといいながらなぜ足し算が出てくるのか?

 

そもそも、なぜかけ算の形にするかと言われたら、それは因数分解の次にする、2次方程式や2次関数まで進まないとそのありがたみも分からないのだけど。それはおいといて。

 

因数分解で最初にするのは、共通因数でくくること、たとえば、ab+acをa(b+c)と書き直すことができる。でも、それとx^2+2x+1を(x+1)^2にするのは何か違うことをやっているような気がしませんか?(^2は2乗の記号)

 

a(b+c)も(x+1)^2も確かにかけ算の形にはなっている。でも、最初のはすべての項に共通な因数をくくりだしているのだからかけ算の形になるのは当然。でも、二番目のは公式を使っていると分かっていても、すべての項に共通な因数がないのになぜかけ算の形にできるのでしょうか?

 

ここでac+ad+bc+cdを公式を使わないで因数分解するときのことを考えてみましょう。まずは、aの付いている項をくくってa(c+d)+bc+cdとなり、さらに、残りの項をcでくくればa(c+d)+b(c+d)になります。

 

全体をさらに(c+d)でくくって(a+b)(c+d)になります。

 

大事なのは最後のところです。全体を(c+d)でくくれるとは、aもbも(c+d)を共通因数に持つということなのです。さらに同じように考えるとcもdも実は(a+b)を共通因数に持っているということだったのです。

 

つまり、ab+acの場合には、bやcという個々の文字が共通因数を持っていたのに対して、(x+1)^2や(a+b)(c+d)の場合にはx+1やa+bが共通因数を持っていると考えられるのです。

 

以上のことから最初の問いであった因数分解で足し算の因数が出てくる理由も分かります。二つが同列に出てくるのは気持ち悪いかもしれませんが、本当は数を表しているので、一文字の因数と同じことなのです。たとえば、4も2+2も数学的には同じ数を表していますよね。これと同じことなんですね。

 

 

 

 

二桁でわるわり算の壁

わり算の筆算でつまずく生徒が意外に多いって知っていますか。

しかも一桁で割る方はできても、二桁で割る方ができないのです。

わり算の筆算って大人になったらそれほど使わないので忘れているかもしれませんが、その計算の中で何度もかけ算のひっさんが出てくるのです。

 

たとえば、625÷25をするときは、まず商の十の位に2をたてて、25×2を計算して50、それを62から引いて・・・というように各位に商を立てるたびにかけ算をしなくてはなりません。

 

  _______ 

25)625

 

   50

 

しかも、商を立てるときに割られる数を超えないように大体の見通しを立てるのですが、ここは大まかなかけ算を暗算でするという能力も必要になります。さらには、この見通しが、暗算がそこそこできる人でもまちがっていることがあるので、そうするともう一度かけ算をしなくてはなりません。

 

というように、慣れれば単純に見えるわり算の中で、生徒はかけ算の暗算と筆算が何度もしなくてはならなのです。これは、計算が苦手な生徒からしたら地獄です。

 

言い換えれば、二桁で割るわり算の筆算ができるようになるためには、二桁×一桁がすらすらとできていないいけないのです。わり算の筆算ができない子どもがいる場合、この点に気をつけてください。

 

子どもの発達段階の視点から見ると、二桁×一桁のかけ算が十分できるようになったら、二桁ので割るわり算の筆算に取りかかれるかなと考えてください。それができる前に取りかかっても、無駄に時間と労力を浪費しますし、子どもが勉強嫌いになるのは確実です。

 

 

0 コメント

英検ライティングの対策

・英検リーディングとライティングの違い

 

英検の申し込みも締め切られ、そろそろ6月の英検の準備を本格的に始めている人も多いのではないでしょうか。

 

何となく勉強を始めて5級、4級と順調に進んできた方も、3級以上で出てくるライティングに不安を覚えている人も多いのではないでしょうか。

 

でも、恐れる必要はありません。英検の問題集や過去問に出てくる答えを見れば分かりますが、とっても簡単な英語で書かれています。

 

3級のリーディングで合格点が取れる人であれば、ライティングに出てくる単語や文法で知らないものはほとんどないのではないでしょうか。これは、準2級以上でも同じです。

 

つまり、英検3級のリーディングとライティングで必要とされる、単語や文法はまったく異なるのです。

 

 

・英検ライティングの勉強法

 

では、リーディングができればライティングができるかというと、もちろん、そんなことはありません。

 

インプットで使える単語や文法でも、アウトプットで使えるとは限らないからです。

 

それでは、ライティングの勉強はどのようにすればいいのでしょうか。それは、

 

一つ下の級の単語や文法を完璧にすること

 

 

 

なのです!

 

たとえば、英検4級に受かるためには、4級の英単語を見てそれを日本語に訳せれば受かります。日本語を英語にする必要はありません。しかも、英検では80点90点という高得点をとる必要はないので、4級の英単語集の7割ぐらい覚えておけば、十分受かる可能性があるのです。

 

でも、その調子で3級以上に挑んでも、4級の英単語集で、日本語から英語に、しかもほぼ完璧にできるようになっていないとライティングはつらいです。

 

これが、3級以上のライティングで受験生がおかしがちな間違いです。4級までと同じように3級の単語集をなんとなくこなしているだけではだめなのです。

 

そうではなくて、3級なら4級、準2級なら3級の単語集の、特に日本語から英語への変換がすらすらできることが必要なのです。文法や構文の勉強でも同じです。

 

これが、英検ライティングの勉強の秘訣です!

都立高校推薦入試の大変さ

以前にこういうツイートをしたところ反応が結構あったので、もう少し詳しく書きます。

 

都立高校の推薦入試ですが、一般入試に比べて難易度が大変高いことが知られています。

 

では、どれくらい大変かということを、豊多摩高校を例にして考えてみたいと思います。

 

推薦入試の場合、学校の調査書点、いわゆる内申点の割合がとても大きくなります。それゆえ、実力(学力テストや模擬試験の点数)に比べて、成績表の評価が低いとただでさえ難しい推薦入試がとんでもなく難しくなります。

 

これが最初のツイートで偏差値60で5教科オール3、実技4教科オール4の場合です。

 

豊多摩高校 の 一般入試 の60%合格ラインは、偏差値58換算内申52です。この場合の換算内申52というのは単純にオール4ということです。

 

これが、偏差値が60あれば換算内申46でも大丈夫になります。46というのは実技がオール4であれば5教科はオール3以下でもとれる内申点です。

 

つまり、5教科オール3、実技教科オール4で偏差値60の生徒は一般入試で豊多摩高校に受かる可能性が十分ありますが、これが推薦入試になればどの程度の高校になるか見てみましょう。

 

たとえば、ツイートで見た芦花高校の場合、この素内申31では相当困難です。推薦入試にこの素内申点で受かる見込みがある程度あるのは、松原高校や杉並総合高校ということになります。

 

こうやって見ると一般入試に比べて推薦入試がどれだけ困難であるかがよくわかるでしょう。

 

これはもちろん、偏差値に比べて成績表の点数が悪い人の場合ですが、成績表の点数がかなりよくても、推薦入試が狭き門であることは間違いありません。

 

続きを読む

三角形の内角の和は180°

三角形の内角の和が180度を小学生に示すのに角をばらばらにして合わせて示していませんか?

 

 

しかし、そんなことはする必要がありません。△ABC(B,Cは鋭角)を考えてみてください。

 

 

AB,BCの中点をMNとしてMNを折り線としてAを折り返すと、辺BC上に来ます。その点をLとします。

 

 

すると、BもCもLにぴったり重なるように折り返すことができ、なんと∠A∠B∠Cはぴったり合わさり180度ということも分かります。

 

 

理由も小学生に分かりやすく、MBLとNCLがそれぞれ二等辺三角形だということを使えます。

 

 

何より、この三角形を折り返した図形がきれいな長方形になることで、数学のおもしろさを伝えることができます。

 

 

もちろん、この長方形の面積はもとの三角形の半分になっていますね。これを小学生に証明(説明)させてもおもしろいでしょう。

 

 

このようにいつもの説明に一工夫するだけで、数学が魅力的に見えるかもしれません。

 

因数分解の秘密

中学校で習う因数分解。あれって不思議ですよね。6を2×3の形にするのが素因数分解。文字式なら、cをa×bにするのかと思いきや、なぜかいきなり(x+a)や(a+b)という足し算の形が出てくる。式をかけ算の形にしようといいながらなぜ足し算が出てくるのか?

 

そもそも、なぜかけ算の形にするかと言われたら、それは因数分解の次にする、2次方程式や2次関数まで進まないとそのありがたみも分からないのだけど。それはおいといて。

 

因数分解で最初にするのは、共通因数でくくること、たとえば、ab+acをa(b+c)と書き直すことができる。でも、それとx^2+2x+1を(x+1)^2にするのは何か違うことをやっているような気がしませんか?(^2は2乗の記号)

 

a(b+c)も(x+1)^2も確かにかけ算の形にはなっている。でも、最初のはすべての項に共通な因数をくくりだしているのだからかけ算の形になるのは当然。でも、二番目のは公式を使っていると分かっていても、すべての項に共通な因数がないのになぜかけ算の形にできるのでしょうか?

 

ここでac+ad+bc+cdを公式を使わないで因数分解するときのことを考えてみましょう。まずは、aの付いている項をくくってa(c+d)+bc+cdとなり、さらに、残りの項をcでくくればa(c+d)+b(c+d)になります。

 

全体をさらに(c+d)でくくって(a+b)(c+d)になります。

 

大事なのは最後のところです。全体を(c+d)でくくれるとは、aもbも(c+d)を共通因数に持つということなのです。さらに同じように考えるとcもdも実は(a+b)を共通因数に持っているということだったのです。

 

つまり、ab+acの場合には、bやcという個々の文字が共通因数を持っていたのに対して、(x+1)^2や(a+b)(c+d)の場合にはx+1やa+bが共通因数を持っていると考えられるのです。

 

以上のことから最初の問いであった因数分解で足し算の因数が出てくる理由も分かります。二つが同列に出てくるのは気持ち悪いかもしれませんが、本当は数を表しているので、一文字の因数と同じことなのです。たとえば、4も2+2も数学的には同じ数を表していますよね。これと同じことなんですね。

 

 

 

 

二桁でわるわり算の壁

わり算の筆算でつまずく生徒が意外に多いって知っていますか。

しかも一桁で割る方はできても、二桁で割る方ができないのです。

わり算の筆算って大人になったらそれほど使わないので忘れているかもしれませんが、その計算の中で何度もかけ算のひっさんが出てくるのです。

 

たとえば、625÷25をするときは、まず商の十の位に2をたてて、25×2を計算して50、それを62から引いて・・・というように各位に商を立てるたびにかけ算をしなくてはなりません。

 

  _______ 

25)625

 

   50

 

しかも、商を立てるときに割られる数を超えないように大体の見通しを立てるのですが、ここは大まかなかけ算を暗算でするという能力も必要になります。さらには、この見通しが、暗算がそこそこできる人でもまちがっていることがあるので、そうするともう一度かけ算をしなくてはなりません。

 

というように、慣れれば単純に見えるわり算の中で、生徒はかけ算の暗算と筆算が何度もしなくてはならなのです。これは、計算が苦手な生徒からしたら地獄です。

 

言い換えれば、二桁で割るわり算の筆算ができるようになるためには、二桁×一桁がすらすらとできていないいけないのです。わり算の筆算ができない子どもがいる場合、この点に気をつけてください。

 

子どもの発達段階の視点から見ると、二桁×一桁のかけ算が十分できるようになったら、二桁ので割るわり算の筆算に取りかかれるかなと考えてください。それができる前に取りかかっても、無駄に時間と労力を浪費しますし、子どもが勉強嫌いになるのは確実です。

 

 

0 コメント

英検ライティングの対策

・英検リーディングとライティングの違い

 

英検の申し込みも締め切られ、そろそろ6月の英検の準備を本格的に始めている人も多いのではないでしょうか。

 

何となく勉強を始めて5級、4級と順調に進んできた方も、3級以上で出てくるライティングに不安を覚えている人も多いのではないでしょうか。

 

でも、恐れる必要はありません。英検の問題集や過去問に出てくる答えを見れば分かりますが、とっても簡単な英語で書かれています。

 

3級のリーディングで合格点が取れる人であれば、ライティングに出てくる単語や文法で知らないものはほとんどないのではないでしょうか。これは、準2級以上でも同じです。

 

つまり、英検3級のリーディングとライティングで必要とされる、単語や文法はまったく異なるのです。

 

 

・英検ライティングの勉強法

 

では、リーディングができればライティングができるかというと、もちろん、そんなことはありません。

 

インプットで使える単語や文法でも、アウトプットで使えるとは限らないからです。

 

それでは、ライティングの勉強はどのようにすればいいのでしょうか。それは、

 

一つ下の級の単語や文法を完璧にすること

 

 

 

なのです!

 

たとえば、英検4級に受かるためには、4級の英単語を見てそれを日本語に訳せれば受かります。日本語を英語にする必要はありません。しかも、英検では80点90点という高得点をとる必要はないので、4級の英単語集の7割ぐらい覚えておけば、十分受かる可能性があるのです。

 

でも、その調子で3級以上に挑んでも、4級の英単語集で、日本語から英語に、しかもほぼ完璧にできるようになっていないとライティングはつらいです。

 

これが、3級以上のライティングで受験生がおかしがちな間違いです。4級までと同じように3級の単語集をなんとなくこなしているだけではだめなのです。

 

そうではなくて、3級なら4級、準2級なら3級の単語集の、特に日本語から英語への変換がすらすらできることが必要なのです。文法や構文の勉強でも同じです。

 

これが、英検ライティングの勉強の秘訣です!